一期一記事*

気になるドラマ、漫画のあらすじ知りたいですか?そんな気になるポイントをまとめていくブログです。知れて良かった一記事に出会えますように*

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」漫画原作者は引退!?

石原さとみさんが主役のドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」が始まりました。今回は原作漫画「Heaven?(ヘブン)」を描いた佐々木倫子さんについてまとめていこうと思います。


作者は?

Heaven?(ヘブン)」の作者は佐々木倫子さんです。佐々木倫子さんの漫画家デビュー作は1980年白泉社から発行された「花とゆめ夏の増刊号」に掲載された「エプロン・コンプレックス」です。
当時佐々木倫子さんは「佐々木規子」というペンネームで活動していました。1982年9月の掲載漫画「ペパミント・スパイ」から本名である「佐々木倫子」に名義を変更しました。

佐々木倫子さんは白泉社の少女漫画雑誌「花とゆめ」で活動していましたが、小学館青年漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」に活動の場を移行しました。佐々木倫子さんは北海道出身ということもあり、その作品の多くは北海道が舞台になっています。

2013年以降は新作が出ていないので引退したのではと噂されているみたいです。確かなことは分かりませんが引退発表はしていないので、あくまで噂にすぎないみたいです。佐々木倫子さんはブログやインスタ等のSNSをやっておらず、近況を確認することが出来ません。等数々のコメディ漫画を生み出してきた佐々木倫子さんなので今はゆっくり休んで、次の新作に期待したいでね。


佐々木倫子さんプロフィール
名前:佐々木倫子(ささき のりこ)
出身地:北海道旭川市出身、札幌市在住
生年月日:1961年10月7日
出身校:北海道教育大学教育学部旭川校卒業


過去作品

 

  シリーズタイトル

   「椿館」「美人」「白衣の天使」「林檎でダイエット」

   シリーズタイトル

    「ちょっとだけハードボイルド」「コレクター」
    「食卓の魔術師」「家族の肖像」「魔の席」「君の名は」

    「山田の猫」「代名詞の迷宮」「名犬アイボリー」

  シリーズタイトル
   「夜霧のブルース」「タンゴウォーク」

 

 

佐々木倫子おすすめ作品

佐々木倫子さんは数々の漫画を書いてきました。その中でも私がおすすめする作品を3作紹介したいと思います。ドラマ化されているものもあり、原作漫画は読んだことなくても、タイトルは知っているという人もいるかも知れません。

 

動物のお医者さん
漫画は1988年の作品ですが、2003年には吉沢悠さんが主演でテレビドラマ化もされました。漫画は累計2160万部以上売れ、佐々木倫子さんの代表作ともなった漫画です。

動物のお医者さん」の舞台は札幌市にある「H大学獣医学部」です。獣医師を目指す学生の日常をコメディタッチで描いている作品となっています。
動物のお医者さん」がきっかけでシベリアン・ハスキーが有名になり、北海道大学獣医学部の志望者数も大幅に増えるなど、社会現象も起きました。
動物のお医者さん」は1話完結型となっており、動物が実写的に描かれているのが特徴です。また、動物のセリフが明朝体でコマ内に吹き出しがない状態でかかれているのも特徴の一つだと思います。
獣医師の物語ですが、医学的知識が無くても楽しめる漫画です。個性豊かな登場人物たちのコメディ調のストーリーが面白く、思わず笑ってしまうところももあります。動物好きにはたまらない作品になっています。

 

おたんこナース

1995年から3年間連載された「おたんこナース」も佐々木倫子さんの代表作の一つです。「ぼけナース」として小説化されました。

おたんこナース」は新人看護師の似鳥ユキエが先輩の指導や、患者との出会いによって看護師として成長していく作品になっています。病院が舞台ということで患者家族と看護師の不仲な様子や、担当患者が亡くなったりと暗くシリアスなシーンもありますが、作品全体は佐々木倫子さんらしいコメディな内容になっています。
辛いことがあっても、前向きな気持ちで、働くことの楽しさを大事さを思い出させてくれるそんな作品です。

 


チャンネルはそのまま!
2008年から2013年の連載されていた「チャンネルはそのまま!」2019年に連続ドラマ化され話題にもなりました。

舞台はテレビ局です。「バカ枠」として採用された新人記者によって上司や同僚、他のテレビ局スタッフが振り回される様子を描いたコメディ漫画です。コメディ漫画ではありますが、テレビを作る製作サイドの奮闘もきちんと描かれています。個性豊かなキャラクターで、エピソードごとにきちんとオチがあり、コメディとしてサクサク読める作品です。

 

佐々木倫子の作品

佐々木倫子さんの作品はドタバタとしたコメディ漫画が主になっていますが、ただ面白いだけではなく、細部まで描きこまれていて読んでいてとても心に残る作品が多いです。個性豊かなキャラクターが多いことでテレビドラマ化もしやすいのかも知れませんね。ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」も、佐々木倫子さんらしいコメディな内容になっていると思います。